日々をつなぐ、美しく手軽なフォトブック

増え続ける我が子の写真。
フィルムカメラではなく、デジタルカメラが主流になった昨今、
その枚数たるや膨大なものとなっています。

 笑った!寝返った!立った!歩いた!しゃべった!
乳幼児期においては、慌しさに現像するのも忘れ、ただただ毎日、撮り続ける日々です。

 そこで私が利用しているのが、フォトブック。
定期的に本にしてしまうことで、現像写真が手元に一枚もない状態を防ぎ、
ある程度の成長の記録を、紙媒体でのちのち楽しめるためです。

 一番最初に利用したのは、とても紙質の良いフォトブック。出来上がった作品は卒業アルバムの
ような品質を保ったものでした。しかし、画質が良い分、当然のことながら値が張り、
定期的に膨大な写真をフォトブックにしていくことが困難になりそうでした。

 私にとって大切だったのは、手軽で、続けやすいことです。
そうでなければ、撮るだけに始終し、成長した我が子の目に触れることなく・・
いつしかデータ喪失という事態に陥りそうです。

 次に私が利用したフォトブックサービスは、なんとワンコインという破格の安さでした。
パソコンを利用して、編集などすべてをセルフサービスで行うものです。
プリントされる紙質はそれ相応なのですが、なんといっても続けやすい値段であるということ、
そして、一冊に収録できる写真の枚数が多く、ひとつのイベントで撮った写真がすべて一冊の本に綺麗に
おさまりました。

 このフォトブックを利用するようになって、現像されずにハードディスクに保存されていた写真の数々が、
思い出としてキチンとした形で本棚に並ぶことができ、大満足です。

 大きさも薄さも掌サイズなので、親戚縁者にプレゼントするのにも大活躍しています。
値段の安さ、収録枚数の充足、収納における大きさと薄さの条件、これらを満たしたフォトブックこそ、
日々、我が子の専属カメラマンとして膨大な写真を残すパパママ、そしておじいちゃんおばあちゃんの
味方になると思いました。
そしてそれは、時として結婚式の引き出物や記録であったり、サークル活動の軌跡、中には自分の写真作品を手軽に本にして、クライアントに配るということもできる万能フォトブックになり得るのです。

 自分で編集し、美しい表紙も選択できるフォトブック。
どんどん並んでいく、本棚に目を細める日々。
それは、まるで、日常の喜びや慈しみを、美しい宝石のようにつなげていける、
写真のネックレスのようです。

フォトブック作成、体験談

一番下の子どもが幼稚園に入園して、私の時間も出来ました。

生まれたときから成長の記録として毎日のように撮りためていた膨大な写真のデータの整理をしようと思っていたのですが、膨大すぎて放置したままだったのでコツコツと見直していました。

わが子ながら、たくさんの思い出とともに、今は見られなくなった表情のかわいい写真が出てきて、おじいちゃん、おばあちゃんにも見せてあげたいと思ったのがきっかけです。

フォトブックというとクオリティーが高いのはいいのですが、値段も高いのではないかと勝手に思い込んでいたのです。

スタジオアリスなどの写真館で作成されるフォトブックが何万円としていたので、そんなイメージがあったのかもしれません。

フォトブックを作って喜んでくれるだろうか。また膨大な写真データからベストショットを選ぶのもメンドウな作業ではないか?
など正直不安もありました。

そんなとき見つけたのが
<マイブック>
というサイトでした。

数あるフォトブック作成サイトの中で<マイブック>を選んだメリットはたくさんあります。

本格的なのに予想以上に安価なところでした。
本屋さんにあるような、しっかりとした写真集が出来るというのも惹かれました。
会員登録なしで無料でソフトがダウンロード出来て、お試し感覚でデザイン出来ること。
まずは、こちらから試してみました。
テンプレートも豊富にあって、面倒ではないか?と思われていた写真を選ぶ作業も楽しくこなせました。
楽しすぎて、たくさんのテンプレートを使用して作ったので、どんかカンジにしようか迷ったくらいです。
サイズやページ数も豊富です。

まずはウチ用に注文しました。
注文して10日ほど経ったころでしょうか?

お楽しみのフォトブックが到着しました。

想像以上にクオリティーが高くて自分の子どもじゃないみたいな写真集にびっくりでした。
主人にも子ども達にも大好評。

友達が遊びに来るたびに自慢していました。

そして、おじいちゃん、おばあちゃんが写っているショットを中心にテンプレートを選んで編集して再び注文しました。

「ありがとう!高かったんでしょ~」
とても喜んでもらえました。

今度は七五三のフォトブックを注文しようかと思っています。