結婚式の一日をフォトブックにしました

ちょうど結婚する2か月前くらいに、フォトブックを格安で作れるクーポンを専用サイトから購入したので結婚式の写真をこれで編集することにしました。フォトブックの品質が手元で確認できなかったのでちょっと不安ではありましたが、かなり大手の会社でサービスも良さそうだったのが決定を後押ししました。

私が利用したのはビスタプリントという国際的に名刺や販促品などの印刷を手掛けている会社です。サイトを覗いてみるとフォトブックのテンプレートも大量に準備してあって驚きました。もちろん結婚式の写真アルバムというテーマにそぐわないものもあるので、品が良くてちょっと可愛らしさもありつつ結婚の喜びが表現されているものを探しました。
結婚式ではビデオや写真を友人や親族に大量に撮ってもらいました。結婚式自体手作りのものでしたので、打ち合わせ風景や私のメイクや着付けの進行状況、スタッフの皆さんの働きぶりやお客さんとの談笑もその日の様子のわかる写真として撮ってありました。写真の数だけでも三百枚以上あったので、この中からフォトブックに収める写真を選ぶのは大変だなと感じました。

フォトブックのクーポンは5枚あり、5冊のフォトブックを作ることができました。1冊ずつ全部異なるつくりにすることもできたので、本来私たち夫婦用・新婦側の両親用・新郎側の両親用と3冊みんな同じデザインになるであろうフォトブックを1冊ずつカスタマイズすることができました。それぞれの両親用のフォトブックにはそれぞれの親族や友人の写真を多めに配置し、私たち夫婦の分には友人でスタッフとして一肌脱いでくれた方たちの写真を多めに配置しました。

いちど配置したフォトブックは保存しておくことができるので、とりあえず保存されたものを利用しておおむね同じ流れ、同じメイン画像を使いながら細部で調整するということができ、統一感もありながらオリジナリティもあるウェディングフォトブックをデザインすることができました。

ちょっと残念だったのはWEBのシステム上の問題なのか、日本ではちゃんと注文がなされ発注がかかっていたのにどういう訳か数日後外国から発注がキャンセルされましたというメールが来て、2回ほどカスタマーセンターに電話で事情を確認する必要があったということです。結局発注がかかってちゃんと品物は届いたのですが、予定よりだいぶ遅れてしましましたのでそれが残念でした。もしもキャンセルメールが迷惑メールに分類されていたら…と思うとぞっとします。電話での対応はとてもよかったので、こういうことが起きたというデータがきっと今後の改善につながるのではないかと感じられました。

できたフォトブックはちょっと小さめながら両家からも好評でした。うちでも居間においてお客さんや自分たちでしょっちゅう眺めることができて満足しています。

■ 参考にしたサイト
結婚式・前撮りでおすすめなフォトブックは?