携帯からフォトブックを作製しました

いつも利用しているネットプリントサービスで、フォトブックを激安で作れるクーポンをいただいたので、せっかくだからこの機会に作ってみようかな、と思って作ることに。
以前にもフォトブックは作ったことがあって、だいたいのやり方は分かっていたのですが、その時はパソコン内のデータをA4位の大きさで作りました。
今回は文庫本サイズ限定での作製に限定されているので携帯電話に入っている子供の膨大な量のデータをまとめるためにも携帯の画像をフォトブックにすることに。

フォトブックの良い点は長期保存も可能でいつまでも美しい状態を保つことができるところだと思います。デジカメ時代になって、まとめてデジカメプリントすることはあっても以前のように全部プリントしてアルバムに入れる。という保存はきちんとしなくなりつつあります。しかしデジカメで撮りためた膨大な写真はパソコンにデータとして入ったままの状態でした。

プリントすることはサイズや金額面でのの問題、そして収納がかさばるのが不満だったので、フォトブックにすることで厳選したモノを省スペースでまとめることが出来るのがいいとおもいました。

しかも表紙はもちろん、ページ全体も自由にデザイン・レイアウトすることが可能なので、まさに世界に一つしかないフォトブックを仕上げることができますよね。

携帯での注文もインターネット上でデータを送信して作製するのと同じく、データの中から画像を選んで自分の好きなコメントを入れるだけ。
まずアプリをインストールすることから始めりましたが、それに関しては問題なし。
途中で画像を選択して画像のサイズ等でうまく表現できない様な画像にはチェックが付いて、再確認してください。と表示されました。

でもこれだけは入れたい。と思う画像を入れてみたのですが、完成されたフォトブックにはとても小さく表示されていました。
それを承知で空いたスペースにコメントを入れたので、結果良かったのですが…

こうやって出来上がりを考えながら作るのがフォトブックのいいところでもありますし面白ところだと思います。

ケチって安いデジカメプリントや自宅でのプリントをすると長期保存すると早い段階で色あせることがあります。しかし、製本することでいつまでも美しい状態を保つことができるのは嬉しいですよね。

何枚もプリントしなくてもいいし、1枚1枚現像してアルバムに入れる手間を考えると良い写真だけをピックアップして一冊にまとめることで両親にも子供の成長をメール便程度の厚さで贈って挙げられることが出来るのも良いと思います。

 

モバイルFAXならコチラがオススメ!
インターネットfaxの利点

フォトブック作成体験

子供が生まれてから、我が家ではそれまでとは比べ物にならないほどたくさんの枚数の写真を撮るようになりました。
もちろん、撮りためた写真は、後で家族みんなで楽しく見れるように、何らかのかたちできちんと整理していきたいと思っていました。
しかし、実際には、忙しさに追われてもしくは面倒だという思いもあって、なかなか整理する作業を進めることができないでいました。
そこで、ちょうど子供が1歳の誕生日を迎えたのをきっかけに、今話題のフォトブックを作ってみようかということになりました。
正直なところ、簡単なフォトブックであれば、自宅でもパソコンで作ることができそうだ思っていて、それにお金をかけるのはもったいないかな、という思いもあり迷っていました。
しかし、いろいろフォトブック作成の案内を見ていると、自宅で作るよりもはるかに簡単で、仕上がりもキレイだとの口コミもありましたので、思い切って作ってみることにしました。
実際に作成してみると、手順は非常に簡潔で誰でも簡単にできそうだと感じました。
私の利用したフォトブックの作成サイトでは、作成するフォトブックの大きさとページ数を選択して、写真を自分で選び、サイト上にアップロードすると、自動的に写真がレイアウトされるというものでした。
レイアウトを直したいところはドラッグで簡単に直せましたし、簡単なコメントも入力することができました。
自由度がとても高い、とは言えないのかなと感じましたが、その分とても簡単に作ることができました。
作業時間はものの30分程度だったと思います。
レイアウトが完了したら、実際に自宅にフォトブックが送られてくるのを待つだけです。
私の場合、2週間ほどで届きました。
できあがったフォトブックにはとても満足しています。
台紙も決して安っぽい感じはしなかったですし、印刷もきれいに仕上がっていました。
子供の成長をこんな風に美しく残せたことに、家族一同とても喜んでいます。
金額は私の感覚で言えば決して安いわけではありませんが、出来上がった商品を見ればリーズナブルだと思います。
これからも定期的に家族の思い出を残す方法としてフォトブックを作っていきたいと感じています。”

photobookで楽しい思い出記録!

最近、photobookの値段がだんだんお手頃価格になってきていたので記念になにか作りたいと思って
友達とphotobookを作成することにしました。
利用したのは、同人誌などの冊子印刷もしているところでワンコインから印刷できるサービスでした。
魅力的だったのは一冊からつくれるというところです。大抵印刷屋さんに頼むと小ロットは高くついてしまいます。
初めてのphotobookということで、失敗しても安かったら安心だなと思い決めました。
友達と作成した、本は全部で112ページでだいたい一人送料手数料も入れて1000円と少しくらいでした。
自分で本の内容を決めるというところがすごく大変でした。
自由なアルバムにしたかったのでレイアウトから自分で決めていくことにしたのですが
どの位置に写真をおこうか、文字をおこうか、とても迷いました。
表紙から裏表紙、オビ、紙の質感まで決められるということだったのでいいサービスだなとおもいました。

注文してから一週間くらいで、本を届いていよいよお披露目会をしました。
紙もお願いしておいたとおり、綺麗な質感でとても満足しました。
同人誌を刷っているところだからもしかしてカラーはあまり綺麗じゃないのかなと不安だったのですが
とても綺麗に印刷してあり一同大満足でした。
自分たちのミスで、断ち切りがうまくいってなかったり背表紙のデザインが少し大きかったりと
本をデザインするのは難しいんだなと痛感しました。
でもわたしも満足で友達もとても喜んでくれたので、photobookを頑張ってつくってよかったなとおもいました。
そして印刷所の担当の方もはじめての私に、すごく親切に相談に乗って下さってよかったです。
完成度もとても高かったので、子供の成長アルバムや、結婚式でのプレゼント、おばあちゃんおじいちゃんへ送るのも
いいかもしれないと思い計画をまたたてています。
次もつくる機会があれば、またこちらを利用したいなあと思います。

悪かったなという点は、本一冊自体はやすく作れるのですが手数料と送料のみで1000円を超えてしまうので
私のように友達とつくるとかではなく個人でつくるとしたら手数料が少し痛いなあと感じました。
そして一日に刷る部数が決まっているので、予約をきちんとしておかないと希望日に印刷できないことが痛いとおもいました。
イベントで混んでいるときを避ければ、気軽につくることができますよ。

photobook、もっとみなさん気軽に利用すれば写真を撮るのが楽しくなりますよね。

海外へ引越し、退職する同僚へのプレゼントにフォトブック。

先日、会社の同僚が退職する記念にフォトブックをプレゼントしました。
新入社員の同期で入社してから10年以上、ともに頑張ってきた仲間です。
結婚、出産後も仕事を続けてきましたが、ご主人の転勤で海外へ行くことになり、家族で一緒に行くことになったんです。
同期も10人以上残っており、なにか記念になるものをプレゼントしようと考え、送別会で花束と「フォトブック」を渡すことにしました。
仕事柄、自分で写真の編集等をすることも多かったので、それぞれの写真にコメントを入れながら、フリーレイアウトで自分たちで編集しました。

フォトブックを制作する際、迷ったのがどこの業者にお願いするかということ。今やフォトブックは簡単にネットからでも注文できるので、とても迷いましたが、大手のフジフィルムを選びました。
理由はフリーレイアウトソフトで自分で編集できるところ。細かい部分のレイアウトや写真の大きさ等も決められるので決めました。
他の業者さんでもあったのですが、ちょっとやり方が分かりにくかったです。このレイアウトソフトだと写真を傾けたり、枠をつけたり、かなり本格的に編集ができました。

大変だった点は、10年以上前の写真だとデータがもう残っていなかったこと。現像した写真自体はあるのですが、データ化しないといけません。
カメラ屋さんに頼むと1枚1枚料金がかかってくるので、自宅で1枚ずつ写真をスキャンし、データ化。これが一番手間がかかり面倒くさかったです。

でも編集作業は昔の写真を見ながら、同僚たちと盛り上がり楽しくできました。そしてハードカバーのしっかりしたタイプを選択。
送別会でプレゼントしました。出来上がりは本当に自分たちで作ったとは思えない出来映え。店先に並んでいてもいいほどの素敵な「フォトブック」となりました。彼女も一生の宝物にすると泣いて喜んでくれました。

また一度編集しておくと、追加の注文も簡単なので、会社用に1冊。誰でも見れるように作りました。たまに見ては仕事の疲れを癒しています。
次回誰かが辞めるときは、また別のを作ろうと盛り上がっています。
10年以上の歴史がありますから、まだまだおいしい写真のネタは揃っていますから。

まず一番良い点は簡単にネットからでも注文できるところ。”